戻る  
[book版出力]
教科目名 エコデザイン工学特別研究T 担当教員名
対象学科 エコデザイン工学専攻 配属先研究室の主指導教員1名及び副指導教員2名
学年 1年 この授業の単位種別・1単位の内訳
開講期 前期 ( )履修単位 (○)学修単位
必選区分 必修 --分授業 × --回 (--)時間授業 + 
(--)時間家庭学習
単位数 2単位
授業の形態、手法 問題中心学習(100%)
授業手法4
授業の実施体制 教員複数
キーワード 教科教育、環境教育、エネルギー教育
育成する社会人基礎力 コミュニケーションスキル、課題発見、論理的思考力、エンジニアリングデザイン能力
学習目標(授業の狙い)
研究の遂行を通して、機械工学,電気電子工学,応用化学,材料工学等に関する高度な技術を把握し、自主的、継続的に学習できる能力、習得した基礎及び専門の知識を基に創造性を発揮し、計画的に研究できる能力、論文作成やプレゼンテーション等のコミュニケーション能力を持つ学生を育成する。
【学習・教育目標】 【学習・教育到達目標】: A-3,A-4,B-1,B-3, 
【JABEE基準】: 基準1(2)(d)(2),基準1(2)(f),基準1(2)(g),基準1(2)(d)(1)
【関連科目】 全科目
【教科書】教科書 全教科書
【教科書】関連図書 研究分野の学術論文等
【履修上の注意等】
【備考】
特別研究は、これまで学習した科目を応用して実施するものであり、自主的かつ積極的に取り組むこと。研究テーマや知的財産権等について、主指導教員と綿密に連携を取ること。
【科目の達成目標】 【評価方法と基準】
@特別研究の目的・内容を詳細に説明できる。
A特別研究に十分に取り組み、結果を出すことができる。
Bわかり易い文章、かつ適切な図表を用い、論理性がある特別研究報告書を書くことができる。
C適切な図表を用い、適切な発表態度で特別研究のプレゼンテーションを行い、質問にも適切に対応することができる。
@主指導教員及び副指導教員が報告書及び発表会から5段階で評価する。(25%)
A主指導教員が5段階で評価する。(25%)
B主指導教員及び副指導教員が報告書から5段階で評価する。(25%)
C特別研究発表会での発表から、出席教員が5段階で評価する。(25%)
授業項目 授業内容
1回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
2回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
3回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
4回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
5回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
6回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
7回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
8回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
9回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
10回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
11回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
12回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
13回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
14回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
15回 研究 各研究室において、主副指導教員による指導の下、研究を実施する。
  期末試験 実施しない。

[講義内容検索][検索結果へ戻る]