戻る  
[book版出力]
教科目名 応用システム特論 担当教員名
対象学科 エコデザイン工学専攻 岡根 正樹
井上 誠
吉川 文恵
学年 1年 この授業の単位種別・1単位の内訳
開講期 後期 ( )履修単位 (○)学修単位
必選区分 選択 90分授業 × 15回 (15)時間授業 + 
(30)時間家庭学習
単位数 2単位
授業の形態、手法 講義,演習,実習
授業の実施体制 教員単独による授業と,教職員チームによる実習指導
キーワード 機械設計,構造用材料,機械的性質,材料加工,材料の機能性,弾塑性力学,破壊力学,破損理論,有限要素法,疲労設計
育成する社会人基礎力  
学習目標(授業の狙い)
授業の前半では,機械の設計に必要な材料の性質,加工法等に関する講義,弾塑性力学,破壊力学の応用による強度設計の基礎と,有限要素法による応力解析や疲労設計法に関する講義を行う.後半は,これらの授業で得た知識を応用し,具体的な機械システムの事例に沿って,システム設計の基礎的な実習を行う.最終的には,これらの発表を行い評価する.
【学習・教育目標】 【学習・教育到達目標】A-6
【JABEE基準】基準1(2)(d)(1),(e)
【関連科目】 製造と加工,金属材料,材料力学,強度設計,材料強度学,その他機械設計に関係するすべての科目.
【教科書】教科書 特に定めない
【教科書】関連図書 設計者に必要な材料の基礎知識(日刊工業新聞社)
機械設計法(日本材料学会)
材料力学と強度設計ノウハウ(日刊工業新聞社) など
【履修上の注意等】
【備考】
[平成27年度は開講しない]
【科目の達成目標】 【評価方法と基準】
荷重の見積(疲労設計),部品形状の決定,材料の選定,システム構築等,一連の機械システム設計の流れを理解し,4-5程度の機械要素で構成される簡単なシステムの設計ができる.  
授業項目 授業内容
16回 ガイダンス 授業の進め方に関する説明等.
17回 機械材料の基礎知識(1) 鉄鋼材料の用途と特性,熱処理,加工法
18回 機械材料の基礎知識(2) 非鉄金属材料の用途と特性,製造法,
19回 機械材料の基礎知識(3) 設計で要求される材料の特性,材料の選定
20回 機械材料の基礎知識(4) 材料の劣化と耐久性の向上
21回 強度設計法(1) 弾塑性力学,破壊力学の基礎
22回 強度設計法(2) 静的強度設計(破損理論,破壊じん性)
23回 強度設計法(3) 疲労設計(有限寿命設計,疲労限度設計,累積損傷則)
24回 強度設計法(4) 有限要素法の基礎
25回 機械システムの設計(1) 具体的な機械システム例の設計実習(1)
26回 機械システムの設計(2) 具体的な機械システム例の設計実習(2)
27回 機械システムの設計(3) 具体的な機械システム例の設計実習(3)
28回 機械システムの設計(4) 具体的な機械システム例の設計実習(4)
29回 機械システムの設計(5) 具体的な機械システム例の設計実習(5)
30回 最終発表会 設計した機械システムついて,プレゼンテーションを行う
  期末試験  

[講義内容検索][検索結果へ戻る]