戻る  
[book版出力]
教科目名 無機材料特論 担当教員名
対象学科 エコデザイン工学専攻 迫野奈緒美
学年 1年 この授業の単位種別・1単位の内訳
開講期 前期 ( )履修単位 (○)学修単位
必選区分 選択 90分授業 × 15回 (15)時間授業 + 
(30)時間家庭学習
単位数 2単位
授業の形態、手法 講義
授業の実施体制 教員単独
キーワード セラミックス材料,材料化,機能性材料
育成する社会人基礎力  
学習目標(授業の狙い)
無機材料について,化学,物理化学等の基礎事項を講義により復習するとともに,無機材料を機能させる物性,結晶構造等を概観し,理解を深める.また無機材料に関する最新の研究トピックスを取り上げ,新規材料の開発に関する知見を得ることを目標とする.
【学習・教育目標】 【学習・教育到達目標】A-6
【JABEE基準】基準1(2)(d)(1),(e)
【関連科目】 無機化学,無機材料に関連する講義
【教科書】教科書 適宜プリントの配布を行う
【教科書】関連図書 参考書としてE-コンシャス「セラミックス材料」(橋本他著,三共出版)を用いる
【履修上の注意等】
【備考】
レポート,期末試験により評価する.
授業計画は,学生の理解度に応じて変更する場合がある。
【科目の達成目標】 【評価方法と基準】
@無機材料の代表的な特性,用途について説明できる.
A無機材料の評価・分析方法について説明できる.
B講義で扱った無機材料の応用例について,理解し,必要な物性や機能発現の機構を説明することができる.
レポート等で評価する.
授業項目 授業内容
1回 ガイダンス 授業の全体構想を説明
2回 無機材料の基礎(1) 無機材料の定義、物理化学的特性について説明
3回 無機材料の基礎(2) 無機材料の製造方法について説明
4回 無機材料の基礎(3) 結晶構造に関する解説
5回 無機材料の評価・分析手法(1) 良く用いられる分析手法について、機器分析の基礎と連携して解説
6回 無機材料の評価・分析手法(2) 良く用いられる分析手法について、機器分析の基礎と連携して解説
7回 無機材料の機能発現(1) 無機材料の機能発現と材料化について事例を交えて説明
8回 無機材料の機能発現(2) 無機材料の機能発現と材料化について事例を交えて説明
9回 無機材料としてのナノマテリアル(1) 材料としてのナノマテリアルについて事例を交えて説明
10回 無機材料としてのナノマテリアル(2) 材料としてのナノマテリアルについて事例を交えて説明
11回 無機材料としてのナノマテリアル(3) 材料としてのナノマテリアルについて事例を交えて説明
12回 最新の無機材料の研究開発動向(1) 無機材料の利活用に関する研究論文を紹介
13回 最新の無機材料の研究開発動向(2) 無機材料の利活用に関する研究論文を紹介
14回 最新の無機材料の研究開発動向(3) 無機材料の利活用に関する研究論文を紹介
15回 まとめ 無機材料の応用例や今後の研究展開について
  期末試験  

[講義内容検索][検索結果へ戻る]